ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
スピーカー修理 エッジ交換・張替え
買取価格表
ショッピングローン(分割払い)
送料について
Q&A よくある質問
JBLとは & スピーカーのしくみ
リクルート・求人案内
ENGLISH / 中文版
問い合わせフォーム
アラート登録・解除はこちら

少量ながらしっかりとメンテナンスを経た中古『JBL43XX』、15インチウーファーを有する大型スピーカーをメインとして良質なヴィンテージ品、カスタム製作品をご紹介していきます。JBL4312 JBL4343 JBL4344など。

店長手記 >>>

営業日(は休業日)
営業時間 9:00〜18:00


携帯用サイト QRコード
ケンリックサウンドでのスピーカーメンテナンス内容

ここでご紹介するメンテナンス内容は代表的なものでごく一部です。他にもご紹介しきれない重要なレストア項目や、美しく状態をよみがえらせるための作業が多数あります。オプションサービスで提供しているオーバーホールもご用意しています。

エッジ交換、リコーン作業

エッジ交換

エッジ交換

エッジ交換
熟練のスタッフがユニットの状態を確認しながら丁寧にエッジ交換、またはコーン紙を含めたアッセンブリー・リコーンを行います。古いエッジの除去、センター出しがポイントです。リコーン時はギャップ清掃も重要な作業項目です。

アッテネータークリーニング

アッテネータークリーニング
アッテネータークリーニング
酸化によって起こる接点不良により、アッテネーターを回すとガリ音が鳴るようになります。当店でアッテネータークリーニングに使用するのは、一般的な接点復活剤やCRCではありません。金属、基板、樹脂面を侵食しない潤滑剤です。アッテネーターの新品交換はオプションサービスです。

ボルト新品交換

ボルト

ボルト
バッフル面に現れる経年変化の結果で如実なものは、スチールボルトの錆び、汚れです。クリーニングでは落ちないこれらは、ボルトを新品交換することで生まれ変わります。純正品と同じ、スチールボルトに黒色メッキ仕様のボルト類は、単品販売も行っております。

キャビネットクリーニング

キャビネットクリーニング

キャビネットクリーニング

キャビネットクリーニング
70〜90年代のJBL43シリーズに用いられるウッドキャビネットは、積層合板、またはパーチクルボードに天然木のツキ板仕上げとなっています。30余年以上が経過すると、ワンオーナーだったとしても、小傷やシミが刻まれ、複数オーナーを渡ってきた個体には、角欠けや深い傷などが散見されます。これらは、エポキシ硬化剤と、三工程のクリーニングにより、ツキ板の表皮層をピーリングして美しいウォールナットの木目を蘇らせます。元々状態の良い個体も、そうでない個体も、クリーニングを施すことで一様に綺麗な状態を復活させることができます。外観に関わるメンテナンス作業の中では最も時間と手間を費やす行程です。

ワックス塗布・研磨

サンダー
クリーニングを終えたキャビネットは白木に近い色をしています。これを、当時と同じオイルステイン仕上げでフィニッシュしますが、表面はニスのようにテカテカであってはいけません。潤いを保ちつつマットな具合になるように仕上げ、傷や汚れからも保護されるように施します。

サランネット張り替え

サランネット張り替え

サランネット張り替え
国内で入手できる一般的なネット生地は厚みが薄くて伸びやすく、バッフルに装着した際にユニットが透けて見えます。また、タッカーやピンを流用して留める方法は、見栄えが悪く、耐久性も低いようです。コーナーにしわ寄せが生まれているケースも良く見かけます。当店では、JBL純正のネット生地を用いて正しい作業方法にて張替を行います。グリルフレームの再塗装も標準で行います。

音響特性チェック

DCR測定

周波数特性
エッジ交換を終えたユニット単体、またシステム全体にテスト信号、音楽信号を入れて音響特性を測定します。新品エッジのエージングのために24時間鳴らし込みを行います。

JBL、中古、スピーカー、レイオーディオ、TAD、Excluseive、パラゴン、エベレスト、K2、4311、4312、4331、4333、4343、4344、4350、4355 4338 4348 2235H 2122H 2421B 2308 2307 2405 2202 2220 2440 2420 2311 375 130A D130 515B reference harman international ハーマンインターナショナル