ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
スピーカー修理 エッジ交換・張替え
買取価格表
ショッピングローン(分割払い)
送料について
Q&A よくある質問
JBLとは & スピーカーのしくみ
リクルート・求人案内
ENGLISH / 中文版
問い合わせフォーム
アラート登録・解除はこちら

少量ながらしっかりとメンテナンスを経た中古『JBL43XX』、15インチウーファーを有する大型スピーカーをメインとして良質なヴィンテージ品、カスタム製作品をご紹介していきます。JBL4312 JBL4343 JBL4344など。

店長手記 >>>

営業日(は休業日)
営業時間 9:00〜18:00


携帯用サイト QRコード

アンプ プレイヤー 修理

アンプ修理

【商品説明】
McIntosh(マッキントッシュ)、Mark Levinson(マークレビンソン)、ACCUPHASE(アキュフェーズ)、Marantz(マランツ)、LUXMAN(ラックスマン)、YAMAHA(ヤマハ)、Panasonic・Technics(パナソニック・テクニクス)、SONY(ソニー)、DENON(デノン)、SANSUI(サンスイ)、NEC、ONKYO、など古いアンプ(AMP)、真空管アンプ、プレイヤーの修理を受付け致します。オールドレビンソンのモジュール分解修理などメーカーで断られた修理もご相談ください。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【納期】
3〜4週間程度(混雑度合いにより変更あり)

【お取引の流れ】
1、修理希望のオーディオアンプ・プレイヤーのメーカーと型番をお電話・FAX・メールにてお問い合わせください。
2、FAX・メールでのお問い合わせは、弊社より2、3日以内(営業日)にご連絡を致します。
※修理費用の見積もり後に作業キャンセルの場合は、見積もり工賃10,800円が発生致します。

過去の修理履歴


型番 症状 修理内容
JBL SG520
(ジェービーエル プリアンプ)
・オーバーホール ・バスボリウム不良の為分解修正
・スイッチボリウム類の接触不良の為 接点クリーニング
・電解コンデンサー劣化の為交換(42個)
・各動作の点検
JBL SE460
(ジェービーエル パワーアンプ(トランジスター))
・オーバーホール ・電源部ブロックコンデンサー劣化交換
(取り付けの為の改造含)
・他電解コンデンサー劣化の為全て交換(28個)
・インプットレベルボリウム接点クリーニング
・各部再調整
・スペック点検
Mclntosh C28
(マッキントッシュ プリアンプ)
・Rch音出ず
・スイッチ
・ボリウムの接触不良
・トランジスター不良交換
・スイッチ
・ボリウム類の接点クリーニング
・各動作の点検
Mclntosh C29
(マッキントッシュ コントロールアンプ(トランジスタ))
・Rch音出ず
・ランプ交換
・オーバーホール
・電源部コンデンサー劣化の為交換及び容量追加
・ランプ全て交換
・スイッチ及びボリウム類接点クリーニング
・各動作の点検
Mclntosh MC240
(マッキントッシュ 真空管アンプ)
・照明が暗い
・オーバーホール
・オイルコンデンサー劣化の為全て交換
・電解コンデンサーにコンデンサーを追加及び一部交換
・スイッチ、ボリウム、真空管ソケット等の
接点クリーニング
・スペックの点検
Mclntosh MC225
(マッキントッシュ パワーアンプ(真空管))
・オーバーホール ・カップリングオイルコンデンサー6個交換
・ブロックコンデンサー3個交換
・アンプ部電解コンデンサー3個交換
・真空管1本交換
・真空管ソケット接触不良クリーニング
・スイッチ
・ボリウム類接触不良クリーニング
・スペック点検。
Mclntosh MC275
(マッキントッシュ パワーアンプ(真空管))
・オーバーホール ・カップリングオイルコンデンサー2個交換
・ブロックコンデンサー4個交換
・真空管1本交換
・アンプ部電解コンデンサー3個交換
・真空管ソケット接触不良クリーニング
・スイッチ
・ボリウム類接触不良クリーニング
・スペック点検
Mclntosh MC2500
(マッキントッシュ パワーアンプ)
・ピークメーター
・モジュール不良
・メーター照明ランプ及び表示ランプ全て交換
・ボリウム及びスイッチ類接点クリーニング
・内外部クリーニング
・足ひとつ無い為作成取り付け、スペックの点検
Mclntosh MA5100
(マッキントッシュ プリメインアンプ)
・Rchよりノイズ
・ボリウム
・スイッチ類接触不良
・Rchパワーアンプ基板ハンダ付け浮きの為修正、念のためLchも修正
・スイッチ及びボリウム類接点クリーニング
・スペック点検
・各動作の点検
Mclntosh MA6100
(マッキントッシュ プリメインアンプ)
・動作確認点検 ・ボリウム及びスイッチ類接触不良の為全て接点クリーニング
・ランプ全て純正に交換
・ヒューズホルダー破損交換
・パワーアンプ部の調整
・スペックの点検
・各動作の点検
Mclntosh MA6850
(マッキントッシュ アンプ)
・ボリウム表示が絞り切っても09表示
・メーターの針が振れず
・ランプ切れ
・ボリウム表示、メーター振れずは再現せず
・ランプ切れ
・ボリウム類若干のガリ
・Rchメーター0にならず
・照明ランプ
・メーターランプ全て交換
・ボリウム類接点クリーニング
・Rchメーター調整
・スペック点検
・各動作の点検。
Mclntosh C40
(マッキントッシュ プリアンプ)
・ボリュームのガリ
・セレクタースイッチのガリ
・ランプ切れ

・ボリウム及びスイッチの接点クリーニング
・表示用ランプ全て交換
・スペック点検、動作の点検

Mclntosh MC300
(マッキントッシュ パワーアンプ)
・オーバーホール

・スペックの点検
・各動作点検

Mclntosh MC2205
(マッキントッシュ パワーアンプ)
・Rchでず
・オーバーホール

・スイッチ、ボリウム類接触不良の為接点クリーニング
・ランプ全て交換、スペックの点検。

MarK Levinson No32
(マークレビンソン プリアンプ)
・100V仕様に変更 ・トランス結線を100V仕様に変更。
MarK Levinson LNP-2
(マークレビンソン プリアンプ) 
・動作確認点検 ・ピークメーターモジュール(#1100)内
コンデンサー不良交換再封入
MarkLevinson No39L
(マークレビンソン プリアンプ) 
・トレーオープンせず ・ローディングベルトのびの為交換
・レンズクリーニング
・各動作点検
MarkLevinson ML-2L
(マークレビンソン パワーアンプ) 
・2944側音でず、他点検 ・2944側電源用基板内抵抗焼損交換
・トランジスターソケット接触不良の為接点クリーニング
・両ch共に劣化コンデンサー交換
・電源サージリレ―分解接点クリーニング
・アイドル電流再調整
・スペック点検
Mark Levinson No38SL
(マークレビンソン コントロールアンプ) 
・ボリウム回した時とファンクション切り替えた時にノイズ
・コンデンサー劣化
・Rch電子ボリウム回路IC不良交換
・劣化コンデンサー全て交換
・スペックの点検
・各動作の点検
Thechnics SE-10000
(テクニクス ステレオパワーアンプ)
・動作せず
・オーバーホール
・トランジスター28個交換
・コンデンサー26個劣化交換
・再調整
・スペック点検
・各動作点検
Thechnics SU-10000
(テクニクス ステレオコントロールアンプ)
・動作せず
・オーバーホール
・コンデンサー66個劣化交換
・トランジスター交換
・スイッチ、ボリウム接点クリーニング
・スペック点検
・各動作点検
Thecnics 30A
(テクニクス 管球式プリアンプ)
・片ch音でず ・スイッチ及びボリウム類接触不良の為接点クリーニング
・真空管ソケット接点クリーニング
・表示ランプをLEDに交換
・スペック点検
・各動作の点検
Thecnics 50A
(テクニクス ソリッドステートプリメインアンプ)
・ボリウム、スイッチのガリ ・コンデンサー劣化の為交換(25個)
・スイッチ、ボリウム類の接点クリーニング
・照明ランプの交換、
・内外部のクリーニング
・パワーアンプ再調整、各動作の点検
TRIO W-B1
(トリオ プリメインアンプ)
・音でず
・真空管点灯せず
・オーバーホール
・コンデンサー類劣化の為全て交換
・調整用半固定ボリウム交換、
・真空管ソケットの接点クリーニング
・スイッチ類分解接点クリーニング
・ボリウム類の接点クリーニング
・バイアス再調整
・各動作の点検
TRIO KA-9900
(トリオ プリメインアンプ)
・音途切れ
・スピーカー端子交換
・プロテクションリレー接触不良交換
・スピーカー端子全て交換
・スイッチ
・ボリウム類の接点クリーニング
・パワーアンプ部調整
・各動作の点検
SANSUI QSC-9050
(サンスイ 4チャンネルプリアンプ)
・ノイズ ・トランジスターノイズ発生の為全て交換(52個)
・スイッチ類の接点クリーニング
・各動作の点検
SANSUI AU−α907
(サンスイ インテグレーテッドアンプ)
・Rchからノイズが出る
・Rch音ひずみ
・途切れ
・SPリレー接触不良の為交換
・スイッチ及びボリウム類の接点クリーニング
・バイアス及びオフセット電圧の再調整
・各動作の点検、スペックの点検
SANSUI AU-D907EXTRA
(サンスイ プリメインアンプ)
・パワーランプ点滅して動作せず
・電源スイッチロックせず、ボリウム、スイッチ類の接触不良
・電源スイッチ内油固着にてロックしない為分解清掃
・ボリウム及びスイッチ類の接点クリーニング
・プロテクションリレー分解クリーニング
・各動作の点検
・内外部清掃
EXCLUSIVE C7
(エクスクルーシブ ステレオプリアンプ)
・オーバーホール
・不具合点の修理
・アッテネータークリーニング
・ロータリースイッチ接点クリーニング
・各動作点検
Accuphase P-500
(アキュフェーズ ステレオパワーアンプ)
・スピーカーA出力時にLch音が出ない
・分解接点クリーニング
・フロント操作スイッチ接点クリーニング
・電圧再調整
・スペックの点検
Accuphase P-300L
(アキュフェーズ ステレオパワーアンプ)
・Lchノイズ

・Lchパワーアンプ基板内コンデンサーノイズ発生の為交換
・プロテクションリレー接所不良の為分解接点クリーニング
・スイッチ等の接点クリーニング
・スペック点検

Accuphase E-202
(アキュフェーズ プリメインアンプ)
・RCh音途切れ
・ノイズ
・ボリウムガリ
・電源インレットを3Pに変更
・スイッチ及びボリウム類接触不良の為接点クリーニング
・基板コネクター接触不良の為接点クリーニング
・バイアス
・オフセット再調整
・電源インレットを3Pに交換
・内外部清掃
・スペック点検
・各動作の点検
DENON DCD3500RG
(デノン CDプレイヤー)
・PU/ダンパー等老化によりディスク内周で、
サーボ系共振発等で読み取り不良。
(1989年モデルの為完全な修理ができません。)
・ピックアップの入手が出来るため、修理可能
・各動作の点検
SONY TAF333ESX
(ソニー ステレオプリメインアンプ)
・音途切れ
・スイッチ、ボリウムの接触不良
・プロテクションリレー接触不良の為交換
・スイッチ、ボリウム類の接点クjリーニング
・電源ランプ交換
SONIC EUPHORIA PLC
(ソニック ユーフォリア プリアンプ)
・ボリウム空回り
・ガリ
・ボリウム用ロータリースイッチのストッパーピン折れの為手直し修正
・スイッチ接点クリーニング
・動作点検
MARANTZ Model1250
(マランツ プリメインアンプ)
・Rch音途切れ
・トーンコントロール効かず
・プロテクションリレー接触不良の為
分解接点クリーニング
・スイッチ、ボリウム類の接点クリーニング
Marantz 8B
(マランツ パワーアンプ(真空管))
・ダンピングファクター変更
・劣化パーツ交換
・ジャンパー線を抵抗に変更にてダンピングファクターを1へ変更
・電源部電解コンデンサー及びカップリングコンデンサー劣化交換
・真空管ソケット接点クリーニング
・スペックの点検
Marantz 7
(マランツ プリアンプ)
・オーバーホール
・カップリングオイルコンデンサー12個交換
・ブロックコンデンサー2個交換
・電源コンデンサーに容量追加
・アンプ部電解コンデンサー4個交換
・真空管ソケット接触不良クリーニング
・スイッチ、ボリウム類接触不良クリーニング
・スペック点検
MICRO SX-777FV
(マイクロ アナログプレイヤー)
・動作せず ・モーター軸焼付きの為分解清掃注油
MICRO CD-M2000X
(マイクロ アナログプレイヤー)
・トレイ出たり出なかったりする ・ローディングベルト及びクランプベルトのびの為交換
・レンズクリーニング
・各動作の点検
TRIO L-07MII
(TRIO L-07M2 トリオ DCモノラルパワーアンプ)
・半固定ボリュームの故障
・半固定ボリューム交換
・電圧調整
・内部清掃
・ランニングテスト
WADIA-6
(ワディア CDプレイヤー)
・ベルトのび
・点検
・ベルト交換
・ディスプレイレンズ再接着
・レンズクリーニング
・各動作点検
LUXMAN CL36
(ラックスマン 管球式コントロールアンプ)
・オーバーホール ・スイッチ、ボリウム類接触不良の為全て接点クリーニング
・真空管ソケットの類接点クリーニング
・スペック点検
・各動作点検
LUXMAN MQ36
(ラックスマン 管球式ステレオパワーアンプ)
・オーバーホール ・電源ヒューズホルダー取り外されている為交換
・出力真空管(6336A)4本劣化交換
・カップリングコンデンサー劣化の為全て交換
・各部再調整
・スペック点検
LUXMAN MB88
(ラックスマン 管球式モノラルパワーアンプ)
・真空管が異常に明るくなる ・C3120333側の出力真空管及びドライブ真空管交換
・C3120334側のドライブ真空管交換、ヒューズ取り付け
・スペック点検
・両chのバイアス及びDCバランス調整
LUXMAN C-7
(ラックスマン コントロールアンプ)
・音出ず ・電源部ヒューズ切れの為交換
・各動作の点検
DENON POA-3000
(デノン パワーアンプ)
・オーバーホール
・メーター照明をブルーに変更
・パワー基板抵抗劣化の為両ch交換(30個)
・基板各部ハンダ付け浮きの為修正
・メーター照明をブルーLEDに交換
・バイアス、オフセット再調整
・スペック点検
DENON PRA-1200
(デノン プリアンプ)
・TONEスイッチ接触不良
・ボリウム類のガリ
・TONEスイッチ分解接点クリーニング
・他スイッチ及びボリウム類接点クリーニング
・各動作の点検
DENON POA-2400
(デノン パワーアンプ)
・ツマミの緩み
・音途切れ

・ボリウム止めナット緩みの為増し締め
・プロテクションリレー接触不良の為交換
・スペック点検

ONKYO M-506R
(オンキョウ ステレオパワーアンプ)
・音でず
・オーバーホール
・LChパワートランジスター交換(4個)
・電源ヒューズ交換
・ランプ交換(10個)
・バイアス、オフセット再調整
・プロテクションリレー分解清掃
・基板各部ハンダ付け修正
・アイドル電流調整
・スペック点検
ONKYO P-306R
(オンキョウ プリアンプ)
・ボリウムガリ
・ランプ切れ
・オーバーホール
・スイッチ及びボリウム類接点クリーニング
・基板各部ハンダ付け修正
・ランプ交換(13個)
・スペック点検
CARVER MODEL  C-19
(プリアンプ)
・音でず ・ファンクションスイッチ
・ゲインスイッチ分解接点クリーニング
・他スイッチ、ボリウム類接点クリーニング
・各動作の点検
CARVER MODEL TFM4.0
(パワーアンプ)
・音歪み
・時々電源切れず
・バイアスの再調整
・電源スイッチ接触不良交換
・スペック点検
Pioneer E-3000A
(パイオニア パワーアンプ)
・音歪み
・時々電源切れず
・バイアスの再調整
・電源スイッチ接触不良交換
・スペック点検

*修理費用はお問い合わせください。上記は、ほんの一例になります。

ケンリックサウンド評価評判

アンプ 修理

マッキントッシュ 修理

アキュフェーズ 修理


JBL、中古、スピーカー、レイオーディオ、TAD、Excluseive、パラゴン、エベレスト、K2、4311、4312、4331、4333、4343、4344、4350、4355 4338 4348 2235H 2122H 2421B 2308 2307 2405 2202 2220 2440 2420 2311 375 130A D130 515B reference harman international ハーマンインターナショナル