ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
スピーカー修理 エッジ交換・張替え
買取価格表
ショッピングローン(分割払い)
送料について
Q&A よくある質問
JBLとは & スピーカーのしくみ
リクルート・求人案内
ENGLISH / 中文版
問い合わせフォーム
アラート登録・解除はこちら

少量ながらしっかりとメンテナンスを経た中古『JBL43XX』、15インチウーファーを有する大型スピーカーをメインとして良質なヴィンテージ品、カスタム製作品をご紹介していきます。JBL4312 JBL4343 JBL4344など。

代表手記 >>>

営業日(は休業日)
営業時間 9:00~18:00


携帯用サイト QRコード
JBL 4344 新品レストア品パーフェクトコンディション 米国直送
型番 43-201
定価 1,340,000円(税抜)
販売価格 598,000円(税抜)
在庫数 在庫 0 ペア 売切れ中
-SOLD OUT-



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



JBL 4344 新品レストア品パーフェクトコンディション 米国直送

定価:1,340,000円(ペア)

アメリカ・イリノイ州、ケンリックサウンド工房より、JBL 4344の新品レストアモデル・ペア販売品のご紹介。日本国内からSansui正規輸入品の4344を再びアメリカに送り、ケンリックサウンド工房にてリビルトを経た豪勢なパーフェクト中古品です。ツキ板新品、ウーファー、ミッドバス、JBL純正リコーン済み、サランネットJBL純正新品張り替え、ネットワークのコンデンサー新品交換のハイクオリティ・レストア品です。

まず、コンディションの完璧さを画像からご覧ください。これ以上の状態の良さは他ではありません。なぜなら、キャビネットは新品に生まれ変わっているからです。ウォールナットのツキ板をJBL使用の同一品に新品張り替えしています。この工程には非常に時間がかかる上、純正と同じ作業ができる場所は、日本国内はおろか、米国でさえも、他にありません。

よく誤解されている方がいらっしゃいますが、43XXのキャビネットはウォールナットの無垢材でできているわけではなく、パーティクルボードかカバ材積層合板(ベースの板材はモデルによって異なります。詳しくはブログで)に、1mm強の化粧板、つまりツキ板が張り付けてあります。中古品の場合、例えワンオーナー品だとしても、30年もの年月を経ると、変色、小傷が避けられません。しかし、こちらの4344は、全ての木部面が新品であるが故、底面も含めて、一切傷がないことが特徴です。

サランネットも新品張り替え済み、そして、ウーファー2本と、ミッドバス2本は、全て米国JBL社にてリコーンしてあります。つまり、新品の純正コーン、新品の純正ダンパー、新品の純正エッジ、新品の純正ボイスコイルに、JBLファクトリーで交換され、今回初めてこのエンクロージャーに装着されました。

日本国内でのリコーン費用総額は228,900円です。
2122H×2本・・・ 60,900円×2=121,800円
2235H×2本・・・ 53,550円×2=107,100円


内部ネットワーク、JBL 3144に使われている全てのコンデンサーは新品に交換済みです。

ここまで状態を新品に近くレストアしている4344は、日本国内はもとより、他のどこでも入手できません。間違いなくお勧めできる逸品です。お手元に届いてから、必ずご満足いただける商品です。

商品はアメリカからの直送です。詳細は下記の「発送方法」項目をご確認お願いします。アメリカからの発送でも大丈夫かな?とお考えの方は、「お客様からの声」コーナーをご覧下さい。現地から梱包、空輸を経てリスニングルームに届くまでのレポートをご覧頂けます。

【製品仕様】

型式4ウェイスタジオモニター
ユニット低音用:2235H
中低音用:2122H
中高音用:ホーン型(2421B+2307)
高音用:ホーン型(2405)
定価1,340,000円(ペア)
許容入力(IEC) 120W(IEC)
周波数特性(-6dB) 35Hz〜20kHz
出力音圧レベル
(2.83V/1m)
93dB
クロスオーバー周波数 320Hz、1.3kHz、10kHz
ターミナルマルチアンプ駆動切替付き
(外部ネットワーク必要)
インピーダンス
寸法(W×H×D、mm) 635×1051×435
重量(1台) 96kg


付属品、状態について

新品サランネット×2枚、音響レンズ、標準付属品すべて完備


『JBL』ロゴの電飾サインプレートをサービス。愛用の機器類が一層際だって見えます。家庭用AC100V電源で、暗闇にディープブルーの光が放たれます。8mm厚のアクリルプレートにレーザー彫刻によりロゴが刻まれています。マニアならずとも是非、愛着のあるオーディオ機器のそばや、リスニングルームに飾りたいですね。

スピーカーには、後述のメンテナンスが施してあり、外観、性能ともに良好です。

ケンリックサウンドで行うレストアならびに、メンテナンスについて

オークションや中古ショップで、価格が安いという理由だけで状態が芳しくない個体やジャンク品を入手されて、ご自分で修理する費用が予想以上に発生したり、思わぬ不具合に当たり修理不能だったなど、苦い経験をされたことはありませんか?

例えオーディオ店で扱われている品物でも、キャビネットの傷や付属品の不足が激しいなど、決して良質とは呼べないものも多く見受けられます。

ケンリックサウンドでは、JBLスピーカーのメンテナンスとして基本的なウレタンエッジ交換に始まり、キャビネットのクリーニング、またはツキ板交換、アッテネーターのクリーニング、または新品交換や、ユニット内部、ネットワークの点検、欠損パーツの補修、そしてオプションサービスでのオーバーホールから、カスタムメイドまで・・・、末永く今後も安心してお使い頂けるように万全の整備体制を整えてメンテナンスに臨んでおります。ここまで細部に至るまで手をかけられるのは、JBL43XX専門店のケンリックサウンドだからできるサービスです。

日本国内のKENRICK SOUNDオフィスで行えるのは、レストア、メンテナンスまでですが、アメリカのKENRICK SOUND工房では、完璧なリビルトならびに、リプロダクションの製作が可能です。キャビネットに使われる板材や規格、全てJBLそのものです。詳しくはこちらのブログ記事をご参照ください。

かつて日本国内でもキャビネット製造メーカーが優秀なプロダクトを作っていましたが、そもそも板材がオリジナルとは異なり、Tナットがミリ規格であったり、ツキ板の厚みが薄く、経年で気泡を含み、また湿気で剥がれるなど、どこか欠落があったものです。

しかし、KENRICK SOUNDでは、寸分たがわぬ複製と工法にてJBLのキャビネットそのものを作り、更にはオリジナルの品質を凌駕する工夫を随所に施してあります。内部補強材の材質をパインからイエローポプラに変更、また美しいウォールナット・ツキ板のウッドグレインにある表情の連続性を守り、キャビネット全周に渡り木目が続くようにツキ板を張っていきます。ウォールナットのステイン・オイル仕上げは手間と時間をかけ何層にもコーティングを施します。

写真だけでは伝わらない品質の高さと優れた音響特性に、絶対の自信を持っています。

ご予約による販売も承っているため、メンテナンス完了してもウェブサイトに紹介されずに直接お客様の元へ渡っていくスピーカーたちが増えています。ウェブサイトだけを頼りにお待ちいだいる方にはご不便をおかけして申し訳ありません。

この商品に施されたメンテナンス内容

・ウーファー×2本、ミッドバスユニット×2本、JBL純正リコーン(コーン、ボイスコイル、ダンパー、エッジ、全て新品)

・アッテネータークリーニング →作業詳細

・バッフル面のボルト新品交換 →作業詳細

・ウォールナット・ツキ板新品交換
(日本国内に流通している薄手の化粧板ではなく、JBLが採用している同型のツキ板です)

・ワックス塗付・研磨 →作業詳細

・サランネット新品張替 →作業詳細

・音響特性チェック・24時間エージング鳴らしこみ →作業詳細

・ネットワーク3144、コンデンサーすべて新品交換


上記ではご説明していない本商品に施された細かなメンテナンス工程が他にもいくつかございます。大きな要素ではなくても、古いスピーカーを蘇らせるには欠かせないポイントなのです。

ケンリックサウンドのスピーカー保証

ご購入から原則6か月間の保証が付与されます。保証期間を過ぎても専門店ならではのパーツ完備により、あらゆる修理・補修に柔軟に対応いたします。JBL社で取扱中止となっているパーツでも当店が保管しているものも存在します。

JBL43シリーズを常に多く手掛けておりますので、後々の下取りアップグレードでも大いにお力になれます。4343からダブルウーファーの4350へ下取り差額交換されたり、引っ越しに伴いスピーカーの縮小化などでも、適切なモデルのご紹介が可能です。

ウレタンエッジの寿命(一般使用下にておよそ10年)が訪れても当店でエッジ交換を承れます。専門店ならではの安心感は価格を超えた付加価値です。

追加でご指定いただける主なオプションサービス

背面スピーカー端子を大型金メッキタイプ(別途20,000円)か、銀・ロジウムメッキタイプ(別途25,000円)の上質なものに交換可能です。標準のスピーカー端子はプッシュ式の簡易なもので、直径2mmまでの細いケーブルしか通りません。時代を経て、どの個体もスプリング強度がもれなく弱まっており、端子とケーブルの接地部分の圧着度は低くなっています。これを金メッキか、ロジウムメッキ処理(18金メッキよりも高価)が施された大型ターミナルに交換できます。直径5から8mmのスピーカーケーブルや、バナナプラグ接続にも対応します。メーカー標準品にこだわる方以外は、納入時に交換依頼されることをお勧めします。

アッテネーターの新品交換を承ります。標準メンテナンス内容にアッテネータークリーニングは含まれますが、やはり酸化による接点不良を完全に抑えることは難しいため、ガリの発生を根源から解決されたい場合は、新品アッテネーターに交換されることをお勧めします。

内部配線材の交換を承ります。70年代から80年代のJBLスピーカー内部配線に用いられるワイヤーは錫メッキ撚り線(ごく稀に単線あり)で、ワイヤー径は細いタイプです。音色傾向を保ちながらグレードアップを図りたい方や、ご指定のワイヤーで配線交換ご希望の方はお問い合わせください。

専用スタンドを複数種類ご用意しています。ウッドスタンドの場合は素材の選定からデザインのご相談にも応じています。

ご不明な点がある場合は

当店ウェブサイトのQ&A よくある質問をご覧いただくか、メールまたお電話(03-5948-6056)にてお問い合わせください。スピーカーをご購入いただいた世界中のお客様からコメントと画像をお寄せいただいく「お客様の声」コーナーもご参照ください。

発送方法

アメリカ・イリノイ州より空輸(BAXかDAMCOを利用します)で直送致します。クレート梱包(木枠の箱)費用、空輸送料、関税、国内送料合わせて、120,000円です。専門業者がクレート梱包(木枠の箱)をして2個口にてお送りします。空港からトラックでご自宅前まで配送されますが、木箱の開梱とお部屋までの運搬はご自身でしていただくことになります。(木箱の開梱は+ドライバー1本で行えます)開梱から設置まで代行する場合は、当店で一旦受け取った後を利用してお届けいたしますので、別途約16,000円の実費が必要となります。

お支払方法

お振込先は【ジャパンネット銀行】【東京三菱銀行】【ゆうちょ銀行】 です。

オリコのショッピングクレジット(ローン決済)もご利用可能になりました。最長60回払いまで対応いたします。事前にお問い合わせください。

送料・・・配送方法選択時は暫定で「ゆうパック着払い」をお選び下さい。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける

JBL、中古、スピーカー、レイオーディオ、TAD、Excluseive、パラゴン、エベレスト、K2、4311、4312、4331、4333、4343、4344、4350、4355 4338 4348 2235H 2122H 2421B 2308 2307 2405 2202 2220 2440 2420 2311 375 130A D130 515B reference harman international ハーマンインターナショナル