ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
スピーカー修理 エッジ交換・張替え
買取価格表
ショッピングローン(分割払い)
送料について
Q&A よくある質問
JBLとは & スピーカーのしくみ
リクルート・求人案内
ENGLISH / 中文版
問い合わせフォーム
アラート登録・解除はこちら

少量ながらしっかりとメンテナンスを経た中古『JBL43XX』、15インチウーファーを有する大型スピーカーをメインとして良質なヴィンテージ品、カスタム製作品をご紹介していきます。JBL4312 JBL4343 JBL4344など。

店長手記 >>>

営業日(は休業日)
営業時間 9:00〜18:00


携帯用サイト QRコード
JBL 4350 初期型ホワイトコーン 超希少モデル フルレストア超美品
型番 50-21
販売価格 2,500,000円(税抜)
在庫数 在庫 0 ペア 売切れ中
-SOLD OUT-


Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge




JBL 4350 初期型ホワイトコーン 超希少モデル フルレストア超美品

お待たせ致しました、今回のJBLモニターは、あの幻の逸品、4350アーリーモデル(初期型)
超希少なホワイトコーンウーファー仕様の、オールアルニコモデルです!


まさしくお宝物のこのモデルは、JBLが1973年に限定で製造したモデルで、オーダー製のため、限られたセットしか存在せず、もちろん日本代理店での扱いもありません。世界にもほぼ残されていません。

2230Aホワイトコーン、馬蹄金具による2405の固定、バッフル手前に位置するブランクパネル、ホワイトダボ、ミッドバスのバックチャンバーを支持する木ねじがバッフルと背面パネルからサンドイッチ構造になっている点・・・すべて4350アーリーモデルの特徴です。

アメリカ・シカゴ近郊のJBL専門熟練工にて丁寧にフルレストアされた4350です。JBLを知り尽くしたキャリア30年以上のエキスパートにより、本当に完璧にフルレストアされた、ほぼ新品デッドストックと呼べる内容に仕上がっています。もちろん、音響レンズ、サランネットともに揃っており、付属品はすべて完備しております。

レストア工程については、言葉で説明するよりも、画像を見てもらったほうがお分かりいただけると思いますが、私が太鼓判を押すような、非の打ち所がないほどのパーフェクトな仕上がりです。寸分違わず精巧に描かれた十数枚にも及ぶ図面を元に、丁寧に組み直されています。ツキ板の張替えもされており、当然まったく無傷なエンクロージャーに生まれ変わっています。彼のこだわりは相当なもので、ちょっとの狂いも決して許しません。間違いなくJBLのファクトリープロダクトよりもパーフェクトな出来栄えになっています。

ウーファーは38cm口径ウーファーを2本パラレルに接続していること。これにより高耐入力と高出力特性を確保、圧倒的な音圧レベルと優れた低域特性を実現しています。

使用ユニットは38cm口径ホワイトコーンウーファー(アルニコ)2本、大容量サブチャンバーに搭載した30cm口径ミッドウーファー(アルニコ)、高能率・広ダイナミックレンジを誇るアルニコドライバー2440+ホーンレンズ、9kHz以上を再生する2405(アルニコ)を採用しています。初期型タイプは、2405が馬蹄金具によりバッフルに固定され、ブランクパネルはバッフル内側ではなく、外側に位置するのが特徴です。

また、ブラックバッフルの最初期型モデルとの違いは、2440ドライバーを支えるメタルブラケットが存在しているということです。これはバッフル面のビス頭を見れば確認できることなのですが、メタルブラケット用のフロントバッフルからリアパネルに渡された支柱が存在する分、ビスの数が多くなっています。リアパネルのビス構成も異なるのが特徴です。

やはりダブルウーファーの存在が大きく、腹に沈み込ませるような低域、また低域の描き分けがシングルモデルに比べて多彩に表現できます。4350B、に比べ、ダブルウーファーがアルニコであることによって、圧倒的な切れの良さが目立っています。いつかはダブルウーファー・・・という憧れに恥じない逸品、そして、入手困難な数少ないホワイトコーンモデルです。こちらの動画で心地よい鳴りっぷりに浸ってください。
→→動画を再生する←←

下記動画は、同型の4350を納品した際の搬入の様子です。
→→動画を再生する←←

下記動画は、その後、アップグレードセッティングしたときの音です。
→→動画を再生する←←

製作者:リック氏による、お客様訪問時の動画です。
→→動画を再生する←←

非常にレアなJBL4350初期モデル、ホワイトコーンバージョン。私自身もぜひコレクションに入れたいほどお勧めのスピーカーです。

4350 特大画像1
4350 特大画像2
4350 特大画像3
4350 特大画像4
4350 特大画像5
4350 特大画像6


【製品仕様】
方式4ウェイ・5スピーカー・バスレフ方式
ユニット低音用:2230A ホワイトコーン×2
中低音用:2202A
中高音用:ホーン型(2440+2311)
高音用:ホーン型(2405)
高域側ネットワーク:3107
定価-
許容入力200W(250Hz以下)、100W(250Hz以上)
周波数特性(±3dB)30Hz〜20kHz
出力音圧レベル
95.5dB/W/m
クロスオーバー周波数250Hz(外部チャンデバにて12dB/oct)、1.1kHz、9kHz
ターミナルマルチアンプ駆動
(外部ネットワーク必要)
インピーダンス4Ω(低域側)、8Ω(高域側)
エンクロージャー容積269L(ウーファー)、45.3L(ミッドウーファー)
外形寸法幅1210×高さ889×奥行508mm
重量(1台)118kg


付属品、状態、レストア内容について

KRS 2308音響レンズ、サランネットともに揃っており、付属品はすべて完備しております。

ダブルウーファーのホワイトコーンはリコーンや再塗装などされていないオリジナルのまま、エッジとダンパーを新品交換してあります。その他のユニット、ネットワーク・コンポーネントなど、すべてJBLオリジナルです。

レストア工程
・ウーファー、2230A×4本は全て新品JBL純正ウレタンエッジと、新品JBL純正ダンパーに張替え済み。
・ネットワーク3107×2台は、全てのコンデンサー、ならびにアッテネーターを新品交換済み。
・サランネット4枚は、新品製作品(JBL純正ネイビーネット生地)
・キャビネット二台、新品ウォールナットつき板張替え済み。
・キャビネット内部吸音材、新品交換済み。
・スピーカー端子はJBL純正新品。


全ての工程は、非の打ち所がないほどのパーフェクトな仕上がりです。寸分違わず精巧に描かれた十数枚にも及ぶ図面を元に、丁寧に組み直されています。ツキ板の張替えもされており、当然まったく無傷なエンクロージャーに生まれ変わっています。彼のこだわりは相当なもので、ちょっとの狂いも決して許しません。間違いなくJBLのファクトリープロダクトよりもパーフェクトな出来栄えになっています。

ホワイトコーンウーファーの2230Aは、後の4350Aに用いられる2231Aとは違う特徴を持っています。ボイスコイル先端に、金属製の質量リングを備える2231Aに対して、コーン紙表面のアクアプラスがその役割を果たします。2231Aよりも相対的に軽めの振動系は、ダンピングの強いラバーエッジと相成り、130系のウーファーが持つ軽やかさと、質量リング搭載の最低周波数を伸ばしたウーファー類の、両者の良さを兼ね備えた存在となっています。このウーファーは、とことんパワーのあるアンプを組み合わせてコントロールするのがベストでしょう。

ケンリックサウンドで行うレストアについて

日本国内のKENRICK SOUNDオフィスで行えるのは、レストア、メンテナンスまでですが、アメリカのKENRICK SOUND工房では、フルレストアはもちろんのこと、完璧なリビルトならびに、カスタム製作が可能です。キャビネットに使われる板材や規格、全てJBLそのものです。詳しくはこちらのブログ記事をご参照ください。

かつて日本国内でもキャビネット製造メーカーが優秀なプロダクトを作っていましたが、そもそも板材がオリジナルとは異なり、Tナットがミリ規格であったり、ツキ板の厚みが薄く、経年で気泡を含み、また湿気で剥がれるなど、どこか欠落があったものです。

しかし、KENRICK SOUNDでは、寸分たがわぬ複製と工法にてJBLのキャビネットそのものを作り、更にはオリジナルの品質を凌駕する工夫を随所に施してあります。内部補強材の材質をパインからイエローポプラに変更、また美しいウォールナット・ツキ板のウッドグレインにある表情の連続性を守り、キャビネット全周に渡り木目が続くようにツキ板を張っていきます。ウォールナットのステイン・オイル仕上げは手間と時間をかけ何層にもコーティングを施します。

レストア作業も完璧そのものです。JBLと同一のツキ板を利用した張り替え作業は、現在アメリカの工房のみで行っております。

写真だけでは伝わらない品質の高さと優れた音響特性に、絶対の自信を持っています。

ケンリックサウンドのスピーカー保証

ご購入から原則1年間の保証が付与されます。保証期間を過ぎても専門店ならではのパーツ完備により、あらゆる修理・補修に柔軟に対応いたします。JBL社で取扱中止となっているパーツでも当店が保管しているものも存在します。

JBL43シリーズを常に多く手掛けておりますので、後々の下取りアップグレードでも大いにお力になれます。4343からダブルウーファーの4350へ下取り差額交換されたり、引っ越しに伴いスピーカーの縮小化などでも、適切なモデルのご紹介が可能です。

ウレタンエッジの寿命(一般使用下にておよそ10年)が訪れても当店でエッジ交換を承れます。専門店ならではの安心感は価格を超えた付加価値です。

追加でご指定いただける主なオプションサービス

背面スピーカー端子を大型金メッキタイプ(別途25,000円)か、銀・ロジウムメッキタイプ(別途35,000円)の上質なものに交換可能です。標準のスピーカー端子はプッシュ式の簡易なもので、直径2mmまでの細いケーブルしか通りません。これを金メッキか、ロジウムメッキ処理(18金メッキよりも高価)が施された大型ターミナルに交換できます。直径5〜8mmのスピーカーケーブルや、バナナプラグ接続にも対応します。メーカー標準品にこだわる方以外は、納入時に交換依頼されることをお勧めします。

内部配線材の交換を承ります。70〜80年代のJBLスピーカー内部配線に用いられるワイヤーは錫メッキ撚り線(ごく稀に単線あり)で、ワイヤー径は細いタイプです。音色傾向を保ちながらグレードアップを図りたい方や、ご指定のワイヤーで配線交換ご希望の方はお問い合わせください。

専用スタンドを複数種類ご用意しています。ウッドスタンドの場合は素材の選定からデザインのご相談にも応じています。

ご不明な点がある場合は

当店ウェブサイトのQ&A よくある質問をご覧いただくか、メールまたお電話(03-5948-6056)にてお問い合わせください。スピーカーをご購入いただいた世界中のお客様からコメントと画像をお寄せいただいく「お客様の声」コーナーもご参照ください。

発送方法

池田ピアノ運送の運送便です。送料はおよそ80,000円〜120,000円

お支払方法

お振込先は【ジャパンネット銀行】です。

アプラス、ジャックス、オリコのショッピングクレジット(ローン決済)もご利用可能です。最長84回払いまで対応いたします。事前にお問い合わせください。

送料・・・配送方法選択時は「ヤマト運輸」をお選び下さい。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける

JBL、中古、スピーカー、レイオーディオ、TAD、Excluseive、パラゴン、エベレスト、K2、4311、4312、4331、4333、4343、4344、4350、4355 4338 4348 2235H 2122H 2421B 2308 2307 2405 2202 2220 2440 2420 2311 375 130A D130 515B reference harman international ハーマンインターナショナル