ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
スピーカー修理 エッジ交換・張替え
買取価格表
ショッピングローン(分割払い)
送料について
Q&A よくある質問
JBLとは & スピーカーのしくみ
リクルート・求人案内
ENGLISH / 中文版
問い合わせフォーム
アラート登録・解除はこちら

少量ながらしっかりとメンテナンスを経た中古『JBL43XX』、15インチウーファーを有する大型スピーカーをメインとして良質なヴィンテージ品、カスタム製作品をご紹介していきます。JBL4312 JBL4343 JBL4344など。

店長手記 >>>

営業日(は休業日)
営業時間 9:00〜18:00


携帯用サイト QRコード
文句なしに良い音 KRS 4343 オールアルニコJBL 再着磁 最高峰カスタムネットワーク
型番 krs4343-12
販売価格 2,850,000円(税抜)
在庫数 在庫 0 ペア 売切れ中
-SOLD OUT-
専用ウォールナットスタンド

オプションの在庫・価格の詳細はコチラ



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge



Click to Enlarge


動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。


動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。


動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。


動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。


動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。


動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。


動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。


動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。


文句なしに良い音 KRS 4343 オールアルニコJBL 再着磁 最高峰カスタムネットワーク

KENRICK SOUND 4343 (KRS 4343)、ホワイトコーン135A搭載カスタムスピーカーペア販売です。まずはこの音質!ぜひ上記動画をパソコンにヘッドホンを挿してお聴き下さい。幅広いジャンルの楽曲を、まるでマルチドライブにて鳴らしているかのような再現性ですが、これが最高グレードの4343サウンドです。

100〜200Hzあたりの腹に響くような低音を巷では重低音と呼びます。しかし、ことピュアオーディオにおける“重低音”という形容はあまり褒められた状態ではありません。音色がなくダブついた鈍いベースサウンドを揶揄して指すことが多く、これはアンプ側でブーストしたり振動板の質量を大きくすれば得られるサウンドです。むしろ量感を伴いながらもきびきびと応答する生音に近い“軽低音”を再現することの方が難しいのです。

この4343は、キレが特徴のアルニコマグネット・ウーファーの中でも特にハイレスポンスなホワイトコーンの135Aをインストールしました。まさに素晴らしい軽低音を再現できるユニットであります。

JBL 135Aは、非常にレアで本来4343に用いられる2231A(コンシューマーモデルでは136A)とは違う特徴を持っています。ボイスコイル先端に、ダイキャスト製マスコントロールリングを備える2231A(136A)に対して、コーン紙表面のアクアプラスがその役割を果たします。2231A(136A)よりも相対的に軽めの振動系は、130系のウーファーが持つ軽やかさと、質量リング搭載の最低周波数を伸ばしたウーファー類の、両者の良さを兼ね備えた存在となっています。このウーファーは、とことんパワーのあるアンプを組み合わせてコントロールするのがベストでしょう。上記の動画でもその特徴を感じ取ることができると思います。

実は、4343の始祖である4341に本来備わるウーファーは、後期型に採用された2231Aではなく、ホワイトコーンの2230Aでした。2230Aが組み合わさっている初期型4341は非常にレアですので、なかなか見かけることはないと思います。2230Aといえば、かの4350初期型にも搭載される希少なウーファーですが、これのコンシューマーモデルが135Aになります。そうです、4341と4343は全く同一のユニット構成、ネットワーク(バイアンプ回路以外は)ですので、このKRS4343スペシャルは4341初期型にほぼ近いユニット構成なのです。

JBL 4343純正キャビネットに高級ピアノと同一の加工、ポリエステルブラック塗装・ピアノポリッシュ仕上げを施しています。ピアノ塗装は仕上がりの品質が命です。光源やものが映り込んだときに波打つように反射面が歪む安直な塗装は技量不足です。表面がフラットで均一な輝きを放つ仕上がりまで磨き込んだ状態が目指すべき状態であり、その様子が上記動画や下記特大画像でもご覧いただけると思います。奥行きある光沢が最大の特徴です。外装は眺めていても本当に美しい状態です。サランネットを固定装着するためのマジックテープを廃して4344と同一のダボ4点支持に変更しているため洗練された印象になっています。内部吸音材も全て新品交換しております。ツイーター、ドライバーには、贅沢にステンレスブロック削りだしホーンを奢りました。微小音からのリニアリティに長けています。ホワイトコーンとのコントラストも美しく映えます。

ユニット構成はオールアルニコユニット(135A、LE10A、LE85、075)にステンレス無垢削りだしホーン&クランプ。

全てのユニットは再着磁を行った上で、ウーファー、ミッドバスには、当社にて金型製作を行ったKRS人工セーム革エッジを使用。音の切れを司る要となるダンパーもすべて新品交換。ドライバーJBL LE85は、分解後チューニング・再アッセンブルを行い、吸音材新品交換の上、ステンレス削りだし2307ホーンをインストール。贅沢にもJBLの1インチドライバー用としては最も音が良い、JBL D8R2410タイプ・アルミタンジェンシャルエッジ・ダイアフラムに新品交換を行っています。ツイーター075は分解後チューニング・再アッセンブルを行い、ステンレス削りだしの075イコライザーを装着。ウーファー固定用にも金属疲労の起こらないステンレスクランプを装着しています。テフロン銀メッキ内部配線で結線にした全てのスピーカーユニットは背面のロジウムメッキターミナルに4ch分それぞれ独立して導かれます。

そして最大の特徴でもある、市販品では決して目にすることがない、超贅沢な構成パーツにより組み立てられた、専用ネットワークの設計が、この音を支えています。

パワーアンプさながらの外部式ネットワークを特別製作致しました。デンマーク・Jantzenの高級メタライズドポリプロピレン・フィルム・コンデンサー、Silver Z-Cap をはじめ、すべてのフィルター用コイルには、ファインメットカットコア(ナノ結晶軟磁性材料)コイルを専用製作しています。また、このコイルはフィルター用のみならず各帯域のレベル調整用アッテネーターとしての役割をかねています。ケンリックサウンドによる専用回路設計で、シンプルな構成を、豪勢なパーツで仕立てていることが、限りなくロスがない状態でアンプからの信号を各ユニットに引渡しができるポイントです。他にも非磁性体金メッキターミナルや、ステアタイト絶縁体MILスペックハイグレードスイッチなど、高音質パーツを惜しげなくウォールナット無垢ケースに収めた、本物のクロスオーバーです。背面の切替スイッチのみで、シングルアンプ駆動、バイアンプ駆動、バイワイヤー接続、4wayマルチアンプ接続、全てに対応するという究極品です。(このネットワークの単品製作も承ります:ペア価格・・・1,350,000円)

オールアルニコユニットをウーファーからツイーターまで8本、全て再着磁、そしてステンレスホーンやステンレスクランプをインストール、最高峰の外部ネットワークがセットになっています。贅の限りを尽くした最高グレード品。動画越しでも当社製作スピーカーがいかに素晴らしいクオリティかが伝わるかと思います。遠方からでも是非、当社にお越し頂き、その品質を直接お確かめください。

→→動画を再生←←

YouTubeでは、4K60pの圧倒的な高精細動画も再生可能。隅々まで詳細に見渡せる高画質です。再生動画右下の画質選択で「2160p60 4K」を選択。(PCの処理能力を要求します)

YouTube動画1
YouTube動画2
YouTube動画3
YouTube動画4
YouTube動画5
YouTube動画6
YouTube動画7
YouTube動画8

下記にて特大画像をご確認いただけます。

KRS 4343 特大画像1
KRS 4343 特大画像2
KRS 4343 特大画像3
KRS 4343 特大画像4
KRS 4343 特大画像5
KRS 4343 特大画像6
KRS 4343 特大画像7
KRS 4343 特大画像8

【製品仕様】

方式4ウェイ・4スピーカー・バスレフ方式
ユニット低音用:135A
中低音用:LE10A
中高音用:ホーン型(LE85+SUS2307 horn)
高音用:ホーン型(075 + SUS2402 horn)
再生周波数帯域35Hz〜20kHz(±3dB)
ターミナルシングル、バイアンプ、バイワイヤー、4wayマルチアンプ駆動、全て切り替え対応
指向性60゜×30゜(16kHz)
インピーダンス
出力音圧レベル93dB/W/m
許容入力75W(ネットーワーク時)
75W(300Hz以下)
75W(300Hz以上)
エンクロージャー容積156L(ウーファー)、14L(ミッドウーファー)
外形寸法幅635×高さ1051×奥行435mm
重量87kg



付属品、状態について

新品JBL純正生地・バーガンディカラー・サランネット×2枚、KRS 2308音響レンズ(プラスチック製新品レンズ)×2個、標準付属品すべて完備

ケンリックサウンドで製作するスピーカーについて

日本国内のKENRICK SOUNDオフィスで行えるのは、レストア、メンテナンスまでですが、アメリカのKENRICK SOUND工房では、完璧なリビルトならびに、フルレストア品の製作が可能です。キャビネットに使われる板材や規格、全てJBLそのものです。詳しくはこちらのブログ記事をご参照ください。

かつて日本国内でもキャビネット製造メーカーが優秀なプロダクトを作っていましたが、そもそも板材がオリジナルとは異なり、Tナットがミリ規格であったり、ツキ板の厚みが薄く、経年で気泡を含み、また湿気で剥がれるなど、どこか欠落があったものです。

しかし、KENRICK SOUNDでは、寸分たがわぬ複製と工法にてJBLのキャビネットそのものを作り、更にはオリジナルの品質を凌駕する工夫を随所に施してあります。内部補強材の材質をパインからイエローポプラに変更、また美しいウォールナット・ツキ板のウッドグレインにある表情の連続性を守り、キャビネット全周に渡り木目が続くようにツキ板を張っていきます。ウォールナットのステイン・オイル仕上げは手間と時間をかけ何層にもコーティングを施します。

写真だけでは伝わらない品質の高さと優れた音響特性に、絶対の自信を持っています。

ケンリックサウンドのスピーカー保証

ご購入から原則1年間の保証が付与されます。保証期間を過ぎても専門店ならではのパーツ完備により、あらゆる修理・補修に柔軟に対応いたします。JBL社で取扱中止となっているパーツでも当店が保管しているものも存在します。

JBL43シリーズを常に多く手掛けておりますので、後々の下取りアップグレードでも大いにお力になれます。4343からダブルウーファーの4350へ下取り差額交換されたり、引っ越しに伴いスピーカーの縮小化などでも、適切なモデルのご紹介が可能です。

ウレタンエッジの寿命(一般使用下にておよそ10年)が訪れても当店でエッジ交換を承れます。専門店ならではの安心感は価格を超えた付加価値です。

ご不明な点がある場合は

当店ウェブサイトのQ&A よくある質問をご覧いただくか、メールまたお電話(03-5948-6056)にてお問い合わせください。スピーカーをご購入いただいた世界中のお客様からコメントと画像をお寄せいただいく「お客様の声」コーナーもご参照ください。

発送方法

提携輸送会社によるお届け。送料は関東近郊であれば、21,600円です。ケンリックサウンドでは全てのスピーカーに専門家による重梱包を施します。梱包費用が6,480円です。お支払いはスピーカー代金+梱包費用+送料です。

お支払方法

お振込先は【ジャパンネット銀行】です。

アプラス、ジャックス、オリコのショッピングクレジット(ローン決済)もご利用可能です。最長84回払いまで対応いたします。事前にお問い合わせください。送料・・・配送方法選択時は「ヤマト運輸」をお選び下さい。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける

JBL、中古、スピーカー、レイオーディオ、TAD、Excluseive、パラゴン、エベレスト、K2、4311、4312、4331、4333、4343、4344、4350、4355 4338 4348 2235H 2122H 2421B 2308 2307 2405 2202 2220 2440 2420 2311 375 130A D130 515B reference harman international ハーマンインターナショナル